SEO対策

ホームページの検索順位を上位にさせるためのテクニック「SEO対策(検索エンジン最適化)」が日本で注目されるようになった2002年から数年経ちましたが、それでもまだまだ「SEO対策」という単語の世間の認知度は低いと言えるでしょう。インターネットを使った情報発信にいち早く目をつけていたアメリカやヨーロッパなどの先進国ではSEO対策を施すことが重要視されており、自社のホームページを作る段階で当然のようにSEO対策が導入されているという事実から見ても、日本でのSEO対策への理解や普及はまだ浅いと考えられます。言うまでもなく日本におけるSEO対策技術は、スマートフォンやIPAD、アンドロイドタブレッドの普及率は高くても、日本以外のIT先進国に大きく遅れを取っているのはどうしようもない事実ですし、しかもSEO対策とそれに伴う効果が業界に先走る形となったことで、SEO対策による目的や効果、本来あるはずべきの目的などが間違って伝えられているという事実に懸念を覚えます。

ホームページを検索エンジンに最適化させるためには、SEO対策が本来どういった行為なのかというごく基本的なことを把握し、何よりどうすれば効果的に対策技術として作用するのかということを熟知しなくてはなりません。当サイトでは、極端に難しい専門知識から見たSEO対策ではなく、誰でも簡単に実施できるSEO対策の基本的な方法について紹介していますので、一人でも多くのホームページ管理人さんにSEO対策を施すための手助けができれば幸いです。

SEO対策とは?

検索エンジン最適化(SEO対策)について簡単に説明すると、大手検索サイトであるyahooやgoogleに搭載されている登録サイト検索用のロボットに自分が作ったホームページを検索しやすくする(検索結果で上位表示させやすくする)方法のことです。これだけの説明だとまだ漠然としていますが、実際の所SEO対策とは対人間用の工夫ではなく対コンピューター用のテクニックということです。厳密に言えばこのサイト検索を担うロボットプログラムの分析アルゴリズムの制作者(プログラマー)を相手にしたテクニックなので対人間と言えないこともありませんが、このロボットプログラムを組んでいるプログラマーは必ずしも一人ではありませんし、そもそもプログラム制作者一人ひとりがサイトを検索するロボットのアルゴリズムを完全に把握・理解しているとは考えにくいでしょう。これら理由から考えて、検索エンジン最適化(SEO対策)とはロボット型検索サイトの分析アルゴリズムに対応するための技術だということが分かるかと思います。

アクセスアップ

検索エンジン最適化(SEO対策)を施す価値とは?

インターネットが発達していることもあり、現在では調べたい事柄のキーワードをリストアップして検索することで、物事を簡単に調べることができます。キーワードによる検索結果サイトのいくつかを見に行く方もいれば、とにかく関係性のあるリンクを辿って調べるという方もいるでしょう。インターネットを利用している方を対象にした統計では、インターネットを利用している実に9割の方がyahooやgoogleなどの検索エンジン・サイトを利用している、もしくは利用経験があると出ていますし、検索サイトを利用しているユーザーが覗くサイトは、だいたい検索結果の2~3ページ目(約20~30件)までという結果が出ています。このことから導き出される結論は、ホームページをインターネットユーザーに見てもらうためにでは、最低でも検索結果の3ページ(20~30位)にランクインしなくてはいけないということです。人の目が届かないところで宣伝や広告を出しても気づいて貰えないように、インターネットにおいても人が覗くような場所でホームページを展開しないとアクセス数だって伸びません。検索エンジン最適化(SEO対策)とは 人の目につきやすい位置、つまり検索結果の上位にランクインされるような対策をホームページに施すということなのです。「人の目につく=アクセスが増える」という簡単な図式から導かれる答えがSEO対策を施すための価値、とも言えるでしょう。

■外部サイト紹介

[日本不動產投資情報]
日本不動產投資情報網站擁有各式日本・東京投報率10%以上

 

[@niftyの「住まい・暮らし」サービス一覧]
@niftyが提供している全サービスをカテゴリーごとに紹介しています。

 

[東京・城北エリアの各種サービス・評判比較|くらしコンシェル【運営元:株式会社NEXER(ネクサー)】]
ライフスタイルに関する様々なお得な情報を掲載しています。